HOME > 受入れの流れ

受入れの流れ


6



1.事前説明

各企業様の細かなご要望をお伺いしながら、技能実習制度の受入に関する打合せを行います。
制度、法令遵守のご説明、実習の内容や選考会の試験内容を決定します。
※既存の受入れ企業様に見学会も行っております。


 

2.選考会の実施

現地にて企業様の募集要項に沿った候補生を選抜し、選考試験
(実技・面接試験の他に内田クレベリンテスト・心理テスト等)を行い、各企業様への適性を判断します。

※選考会の見学会も行っております。
※国内選考(ビデオ及びインターネット面接)も実施しております。
※雇用契約を締結します。技能実習生は日本人労働者と同等の処遇を求められます。


3.入国の申請手続き

        入国管理局に在留資格証明書交付手続きを行います。


4.本邦外日本語講習

選考会で採用された技能実習生予定者は、法令で定められた「本邦外日本語講習」を受講します。
日本語の他に「法律、マナー」「日本の文化・風習」等、生活に必要な知識を習得します。


nyukoku5.技能実習生の来日

入国管理局より在留資格証明書が発行され、技能実習生1号ロの在留資格を得て、在中国日本領事館にてVISAが交付されましたら、いよいよ入国です。
夢と希望に満ちた技能実習生が日本の空港に到着します。

 


7



6.集合講習

集合講習では、日本語講習の他に消防隊員による「防火講習」や警察官による「防犯講習」や「安全講習」を行い、日本の生活に適応できるように組合による173時間の非実務講習を行います。


1


7.企業配属

集合講習を終えた技能実習生が各企業様へ配属されます。
実習計画に沿って技能実習をスタートさせます。

 


8.技能検定試験(基礎2級)

10カ月間の技能実習を終えて、基本的な技能が身に付く頃に、「技能検定試験(基礎2級)」が実施されます。
「実技試験」と「学科試験」を行い、合格者のみ「技能実習2号ロ」に移行することが出来ます。


3
年▼▼
9.技能実習2号ロへ移行

在留状況が良好と認められた場合、「技能実習生2号ロ」としてさらに活躍することができます。

※移行は、「技能実習移行対象職種」にのみになります。


10.技能検定試験(随時3級)技能実習3号ロへ移行

約3年間の技能実習を経て、その技能の習得状況を測る為に「技能検定随時3級」を受験します。
また、随時3級に合格し、監理団体、実習実施機関(企業)が優良と認められた場合に「技能実習生3号ロ」としてさらに活躍することができます。


5
11.技能検定試験(随時2級)

約5年間の技能実習を経て、その技能の習得状況を測る為に「技能検定随時2級」を受験します。


12.帰国、そして、新たなる活躍の場へ!!

この日本での習得した技術や経験は彼らの貴重な財産となり、
母国へ帰った後も優秀な技術者として活躍を誓い、巣立っていきます。
そして、彼らの活躍がアジア全体の経済発展につながり、私たちは豊かな国際社会に貢献することとなります。

Copyright© 2012 act-web.jp Site All Rights Reserved.

〒921-8146 石川県金沢市額乙丸町ロ125
電話:076-281-6467 FAX:076-281-6468